エイズ HIVの症状を自分でチェック検査する

エイズ HIVの症状を自分でチェック検査する

エイズ HIVは早い段階で発見する事で、発病を遅らせることができます。
エイズはハッキリとした自覚症状がありません。感染後2〜3週間位経ってから体にエイズ抗体ができてきます。
エイズを完治させることは現在の医学では不可能ですが、発症していない状態では普通に日常生活を送ることができます。
エイズ(HIV)に感染した場合、早期発見をして発症を遅らせることができる事の最善の方法です。

 

エイズ HIVの自覚症状

 

発症前
風邪に似たダルさや関節の痛みを感じる。(全く症状が無い場合もある)

 

発症後
免疫力の低下に伴い、通常では何でも無い病原菌にも感染し死に至る。

 

こんな自覚症状が有ったらセルフチェック
匿名で家に居ながらチェック検査を受けられます。

 

男性のチェック!


 

女性のチェック!



海外ドラマ